地球温暖化対策と農業

農業と言えばその存在そのものがエコとして扱われることも多いのですが、最近、農業が地球温暖化に貢献するケースが多いと言われています。しかし、そもそもエコである農業は地球温暖化に対してすでに貢献しているのではないかと感じる方も多いため、その状況がうまく理解できないという人もいるのではないでしょうか。

たとえば環境にやさしい農業といっても、電気をまったく使用しないというわけではありません。栽培方法などにもよりますが、人工的にライトを当てて栽培を促しているケースもあります。また、収穫した品々を冷蔵庫などで保管しているケースもあるため、このような場面においても電気は使用されているのです。どうしてもイメージとして農業といえば畑や田んぼなどの印象が強くなるため、電気を使用しているようなイメージが浮かばないものですが、実際には様々な場面においてエネルギーを使用しています。

そのような中で、たとえエコ意識が強い農業であっても地球の将来を考えるために、地球温暖化を防止するため、さまざまな取り組みを実践していくべきという声が多くなり、それを行動に移していることが目立ってきているのです。

このような状況から、今は農業が地球温暖化に貢献するケースが多くなっていると言われているのです。ここでは、具体的にどのような貢献がおこなわれているのか、現在さまざまな農業の現場でおこなわれている取り組みを紹介します。地球温暖化と農業の実態について、知ってもらうきっかけになれば幸いです。