農業と地球の関係とは

農業は地球の大地を使い、地球の水を使い、そして太陽の光を使って様々な農作物を育てている産業です。日本において古くからある産業であり、数多くある産業の代表格とも言えます。人間は食べることなしに生きていくことはできないわけですから、この存在の重要性はどんな時代を迎えようとも変わることはないのです。

このように地球とのかかわりが深い農業ですが、だからこそエコ意識をさらに強めていき、地球温暖化に貢献していこうという試みがそれぞれの現場で、おこなわれるようになっているのです。

具体的にどのようなことがおこなわれているのかと言えば、そのひとつがエネルギーの自給自足です。農業の現場においてはたくさんの電気も使用されているわけですが、これをソーラーパネルから供給される電気を用いてまかなうというケースがたくさん見受けられるようになりました。

畑や田んぼなど農家の方々が自ら所有する土地にこのようなソーラーパネルを設置し、そこで蓄えた電気で夜間のライトに使用したり、冷蔵庫の電気に使用したりというケースもあるのです。このような形で農業の現場が地球温暖化防止のために貢献しているので、ぜひ覚えておきましょう。ひとつひとつの力は小さいかもしれませんが、大勢の方が協力すれば大きな力となりますので、期待できるでしょう。